みんとん部!

平成元年生まれ中心の都内バドミントンサークル「みんとん部」 そこで日夜行われているバドミントンの可能性を探る活動を紹介いたします。

【練習】サーブしない味方の動き方について

ダブルスのサーブの戦略について触れました。しかし、知ってるだけでは試合では使えません。バドミントンの成長段階でいう、知っていると意識すればできるの壁ですね。

 

そこでこんな練習を考えました。

 

目的:サーブに合わせた初動を身につける

必要な人数:3人

利用コート:1面

 

2対1のダブルス形式で2人側がサーブを打ちます。

それを1人側が返球し、サーブを打ってない人が返す。ここまでを1セットとし、10回繰り返します。

 

このベースに制限を加えていきます。

まず、サーブはショートとロングを交互に打ちます。

また、ショートサーブはクリアで返球、ロングはスマッシュで返すという制限も加えます。

さらに狙う際はサーブを売っていない人を狙うようにします。

 

これにで、必然的にサーブ直後の初動を繰り返し練習することができます。

ぜひお試しあれ。